ブログ

HOME» ブログ »感謝のはなし

ブログ

感謝のはなし

 
お客様と40分かけて電話でお話した内容。
 
シェアします。
 
お客様はある症状でお悩みの30代女性。
 
今、こんな症状に悩まされていて、
これが心配、あれも心配、、、
大丈夫かなと、
不安だらけ。
 
ーーーーーーーーーーーーーー
 
話の内容の結論からしますと、
 
 
あなたは感謝していますか?
 
 
ってことなんですね。
 
 
不平、不満は言ってない。
傲慢な態度も取ってない。
毎日一生懸命働いて、子育てして、
暮らしている。
 
 
それは、よく分かります。
 
では、
 
あなたは感謝していますか?
 
ってことなんですね。
 
 
今、症状に悩まされて苦しい。
 
 
苦しい時に、苦しくない時が
どれだけ有り難かったか、
振り返ってみるんですよ。
 
 
例えば、今、
 
手が痛いとします。
 
でも、
足は正常で、痛くない。
頭も痛くない。
指も動く。
食べられる。
トイレに行ける。
水を飲み込める。
目が見える。
 
 
手以外の他のところは正常で全く痛くない。
 
 
では、
そのことに感謝してますか?
 
 
感謝の反対は「当たり前」です。
 
 
感謝を忘れると、
有難いことに、
感謝を思い出させてくれる出来事が起きます。
 
 
 
手が痛い時、
 
あー、自分は感謝してたかな、
体って大事だなー
手が使えないとこんなに困るんだ〜
これからはもっと、自分を大事にしよう
いたわろう。
 
 
そんな感じで
思ってみてはどうでしょうか。
 
 
するとね、
 
 
手が、
自分に教えてくれたのか〜
有り難いな。
手に対して
ありがとう。ありがとう、、の思いが
込み上げてくるんですね。
 
 
そして、
 
人間関係に悩む人ならば、
 
苦手な相手に対して嫌だな〜と
思う前に、
 
身近な人に感謝してますか?
 
なんですね。
 
コンビニの店員、
家の前で工事してる作業員、
子供、
夫、
義母、
エレベーターの点検員、、、
 
 
そして、
 
友達、
知り合い、
電話の相手、
 
そんな身近な人に自分は感謝してるかな?
 
って振り返るんですね。
 
そうすると、
 
自分に対して文句一つ言わない
友人や家族、身近な人に対して  
ありがとうの思いで接して、
優しいトーンの言葉で話すのです。
 
 
感謝の勉強だと思って
やってみるんです。
 
 
イヤな相手にイヤと思う前に
イヤじゃない相手に対して感謝してますか?
ってことなんですよ。
 
 
感謝を忘れていませんか?
 
 
ってことなんですね。
 
 
そうやって、
 
感謝していくと、
 
最後に行き着くところは、
 
あのイヤだな〜っと思ってた相手が
あなたの 先生に変わるんですね。
 
気づかせてくれて 
ありがとうございます。
 
イヤな相手にこそ
ありがとうございます。
 
なんですね。
 
私は、今
綺麗事で言っているんじゃないんですよ。
 
これは、
 
実践したら誰でも分かることだからです。
 
全てが当たり前じゃないんだよ。
 
ってことをお伝えしました。
 
 
あなたが感謝を思い出した時、
問題は消えます。
 
 
ありがとうございました。
 
 
アロエベラジェル水 /アトピー脱ステ用
 
 
沖縄断食旅 予約状況
 
 
アトピー のお問い合わせ、ご相談
 
 
 
 
 

 
 
 
2018/09/07

ブログ


アトピーの方へ
ご予約状況
料金

HOME

お知らせ

料金

受講規約