ブログ

HOME» ブログ »断食したのに効果がなかった?!それはなぜ?

ブログ

断食したのに効果がなかった?!それはなぜ?

 

断食を行う前に知っておきたいこと

 

自宅で断食したけど効果がなかった!

断食したけど改善しなかった!

 

それはなぜでしょうか?

 

 

そのことを説明する前に、、、

 

3日間の断食、5日間の断食、7日間の断食、、、

断食日数にかかわらず

症状改善のために本断食を行う場合、

断食の日数は3日間以上が鉄則です。

 

本断食中は水以外のものは一切口にしません。

世の中には様々な断食があります。

ジュース断食、酵素ドリンク断食、甘酒断食、フルーツ断食、

ミネラル断食、、、 種類は様々です。

どの断食も効果があるでしょう。

 

ですが、

私がオススメしているのは、水だけの本断食です。

本断食中は水以外のものは一切口にしません。

 

どうして本断食をオススメするのか?

一番の理由は体の浄化だけではなく、

意識に変化が起きやすいからです。

意識がその症状を起こしている以上、

意識が変わらなければ、その場しのぎに過ぎないからです。

 

断食中はとりあえず良くなった。

忘れた頃にまた発症する。

これは、良くあるパターンです。

本断食をしたからといって必ずしも意識が変わるとも言えません。

それは本人次第。

自分と向き合えるのは自分自身の他にはいないのです。

それについては、改めて書くとします。

 

本断食を行う上で補足させていただきます。

本断食は水だけと言いましたが

水はガバガバ飲みません。

喉が渇いたら少し飲む。

喉が渇かないのであれば特に飲む必要なし。

飲みたくなければ、飲まなくてもいいです。

たくさん飲んだ方が良い!というのは思い込みです。

また、空腹を水をたくさん飲んで紛らわせようとするのは NG !です。

腎臓に負担がかかります。

喉が乾く人は適量を常温で飲んでください。

 

断食中の過ごし方については、

一日中寝ていたいのであれば寝てても良し!

動ける人は積極的に外出したり、動いてよし。

運動してよし。(無理に動く必要はありませんが)

 

アトピーや皮膚炎を治すために断食をいこなう場合は、

皮膚の修復が猛スピードで行われるので

極力強い紫外線は浴びないように注意してください。

皮膚の工事中、皮膚への攻撃は受けないように。

 

ここからが今日の本題となります。

 

本断食を終え、今日から回復食としましょう。

断食の効果がなかった、断食失敗例で一番多いいのは、

断食後にあります。

 

本断食の失敗の一番よくあるパターンです。

 

断食中、一切何も口にしなかったということは

胃や腸はしばらく休んでいました。

ですので、

断食一日目の回復食は特に注意が必要です。

胃や腸に負担をかけないようにしましょう。

これはとても大事なポイントです。

そして、

可能であれば、回復食は朝ではなくお昼からが好ましいです。

もしくは10時以降などお昼に近い時間帯がオススメです。

回復食開始の日は、

柔らかいお粥やスムージー、あるいは消化にいいものを選んで

ほんの少量をよく噛んで、ゆっくりいただきます

特に回復食一日目の1回目は

お茶碗半分以下、あるいは3分の1程度で収めましょう。

失敗する方の多くは、回復食の食べ過ぎによるものです。

三日間の断食の場合は最低2〜3日間かけて

ゆっくりゆっくり普通食に戻しましょう。

これを怠ると、さらに悪化したり

場合によっては断食を行う前より状態が悪くなります。

 

回復食の期間は

お腹いっぱいに食べない。

一気に食べない。

よく噛む。

固形物は食べない。

消化の良いものを食べる。

薄味にする。

ゆっくり食べる。

自然なものを食べる。

加工品は避ける。

味わって食べる。

そして

食べ物に対して感謝する。

 

断食は断食中だけではなく、

断食後の回復食までが断食なんだと認識してください。

 

回復食の失敗は断食の失敗です。

 

断食期間が長ければ長いほど

回復食の期間と量に注意が必要です。

断食を七日間したとしても、

いきなり普通食は論外!危険です。

 

断食日数が長い場合、それなりに普通食に戻すにも日数も必要です。

 

自宅で断食を行う場合は

回復食を怠らないようにしてください。

 

回復食の乗り切り方次第で

断食は良いものにも 悪いものにもなります。

 

回復食のポイントで大事なのは

胃に負担をかけない!!!!ことです。

 

 

断食開始前の数日前から徐々に少食を心がけ、

生野菜(酵素)をたくさん摂ることで

断食効果がよりアップします。

 

本断食でなくとも

一日二食や、一日一食あるいは少食、咀嚼を心がけてください。

それだけでも日に日に改善に向かいます。

 

重度のアトピー、症状が重い方は本断食をオススメします。

三日間の断食からでも試してみてはいかがでしょうか。

 

是非やってみてください。

応援しています。

 

 

今日は、回復食について書きました。

意識の面については、後日改めて書きたいと思います。

 

沖縄断食旅 案内人 M I H A

 

2018/06/02

ブログ


アトピーの方へ
ご予約状況
料金

HOME

お知らせ

料金

受講規約